おかえり!マルちゃん!(『レコメン!』2017.6.14)

2016年3月24日。「おやすみなさい」と最後に残して、マルちゃんこと丸山隆平が、約3年勤めていた『レコメン!』のパーソナリティーを卒業した。

マルちゃんの言う「また遊びにくる」という言葉に対して、私は「本当に帰ってきてくれる日が来るだろうか……」と、どうしても信じることができなかった。マルちゃんは最後まで何も語らなかったけど、あの当時の日々更新されるブログや諸々な経緯を推察するに、ラジオの降板を申し入れたのはマルちゃんからだったのだろうと私は思っている。それほどマルちゃんの『マクベス』へ掛ける想いは本気だったんだろうし、あれもこれも同時進行できないから、と潔く一方を手放す決断したのは、勇気ある決断だったと思う。
それでも、厳しい事務所のことである。もしかしたら事務所のペナルティがあるかもしれない、などと考えると、とても彼が今後レコメンに帰ってこれるとは思えなかった。
「また帰ってくる」と言って、帰ってこなかった人たちを私はたくさん知っている。そんな人たちを「嘘つきだ」と糾弾しようだなんて思わない。彼らは本気で「帰ってくる」と言ってくれたと思っているし、帰ってきたくてもいろんな条件が整わないと帰ってこれないことも知っている。
でも、記憶の中からラジオから流れる声が薄れていくのは、悲しい。
いつまでも待っている「ただいま」を聞けないのは、すごく悲しい。
だから、マルちゃんが『レコメン!』を卒業したのは、本当に悲しかった。

そんな中、2016年8月の名古屋でのツアーの後、ひょっこりマルちゃんはレコメンに遊びにきてくれた。
叶わないものだと勝手に絶望していた私に「そんなわけない」とマルちゃんは「ただいま」の声を聞かせてくれた。
いつもどおり、まるで先週もパーソナリティだったかのように、騒いで笑って「またね」と帰っていった。

そして、今回また帰ってきてくれたマルちゃん。
後輩のジャニーズWESTを振り回しながら、楽しそうに自由に振る舞うその姿は、本当にレコメンという場を愛してくれていて、「ただいま」を大切にしてくれているんだなぁ、と感じた。

おかえりマルちゃん。「ただいま」を本当にありがとう。
約3時間、ずっと笑いっぱなしだったよ。
またいつか、きっと叶えてくれる「ただいま」を待っているね。